福岡 大牟田で地域に密着した医療 泌尿器科・腎臓内科・循環器内科のことなら

文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ大

ENGLISH SITE

交通アクセス

医療法人飯田クリニック

お電話でのお問い合わせ 0944-53-4871

お問い合わせ

病院紹介

ごあいさつ

「患者さまのために尽くす」
ずっと胸の中に
持ち続けてきたように思います。

理事長・名誉院長飯田 收(いいだ おさむ)

私がこの大牟田で医院を開いたのは昭和44年ですが、それまでに久留米大学医学部を経て、大牟田市立病院泌尿器科にて3年間勤務いたしました。当時はまだ腎不全の治療としての透析は一般的ではなく、何とか地域の患者さまの力になれればと、透析治療を行うことを目指しての開院でした。当初は透析の機器も非常に大がかりで消毒や設定に時間を要するため、朝5時から準備を行っていたことを思い出します。

30年院長として診療にあたってきました。現在は第1線からは引きましたが、患者さまのお顔を拝見し、お話しすることは欠かさず続けたいと思っております。「患者さまのために尽くす」というのは、言葉にして掲げているわけではありませんが、ずっと胸の中に持ち続けてきたように思います。
医療は年々進化し続けていきますが、この思いだけはいつまでも変わらないでしょう。

プロフィール
久留米大学医学部卒。1963年学位取得(医学博士)。 久留米大学医学部泌尿器科講師、大牟田市立病院(現・大牟田市立総合病院)泌尿器科医長を経て、飯田泌尿器科医院を開院、地域初の人工透析センターを開設。
専門分野
泌尿器科全般、腎疾患および透析療法
所属学会
日本泌尿器科学会専門医、日本透析医学会認定医(透析専門医)
 

どんなときも
「患者さまお一人おひとりの快適」であり
そのためにベストを探し続けることが
大切だと考えています。

院長飯田 如(いいだ しずか)

前院長である父の背中を追って泌尿器科を選びましたが、大学在学中に尿路結石の研究に携わり、当時の最先端であった内視鏡手術に関わったのをきっかけに、専門医療を深めてまいりました。現在は副院長と連携し、尿路に関する幅広い症例に対応できる、全国でも稀有なクリニックとして地域のみなさまのお役に立てることを嬉しく思っています。

もちろん、開院当初から連携してきた、近隣の大学病院や総合病院との信頼関係や、全国の著名な医療機関とのリレーションも大きな財産です。

質の高い診療を目指すことは言うまでもありませんが、最新の医療設備や機器、手術方法、投薬などはすべて手段。目的はいつもどんなときも「患者さまお一人おひとりの快適」であり、そのためにベストを探し続けることが大切だと考えています。

その姿勢・思いの表れが、診療設備であり、治療や指導、カウンセリングであるよう、いつも工夫・努力をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

プロフィール
久留米大学医学部卒。同大学院医学研究科卒(医学博士)。
米国フロリダ大学医学部病理学教室(リサーチフェロー)、久留米大学医学部泌尿器科講師を経て、医療法人飯田泌尿器科医院副院を務め、2011年に医療法人飯田クリニック院長。
専門分野
尿路結石症 (基礎研究、特に蓚酸カルシウム結石の発生機序と再発予防に関する研究)、
泌尿器科内視鏡手術・レーザー治療、男性更年期障害
所属学会
日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本レーザー医学会会員・専門医、
米国泌尿器科学会会員、日本尿路結石症学会会員、
日本泌尿器内視鏡学会会員、日本内視鏡外科学会会員、日本Men’s Health医学会会員、
International Society for The Study of Aging Male(ISSAM)会員
 

「出来る限り不安を少なく出来るよう
さまざまな面でお力になりたい」
そう思っています。

副院長飯田 修司(いいだ しゅうじ)

透析に深く関わっている腎臓内科、循環器内科の分野で経験と技術を重ねてきました。 2009年に当クリニックに勤務するようになり、泌尿器科とのシナジー効果を果たす役割に大きな意義とやりがいを感じています。当クリニックには開院当初より通院されている患者さまがいらっしゃいます。腎機能障害が大変な大病だった時代から、その病気と向き合い、半世紀にもおよぶ長い間、通院していただけていることは、私にとっても大きな喜びであり、その果たしている責務の大きさをあらためて実感するのです。

病気にならないことが一番。しかしそうなった時に、出来る限り不安を少なく出来るよう、さまざまな面でお力になりたい、そう思っています。まずは定期的な検査から。皆さまの健康管理のパートナーとして、何でもご相談ください。

プロフィール
久留米大学医学部卒。
大分県済生会日田病院循環器科、下関中央病院循環器科を経て、久留米大学病院腎臓内科外来医長、同腎臓内科病棟医長、同腎臓内科医局長を歴任し、2008年に医学博士取得、2009年に泌尿器科医院副院を務め、2011年に医療法人飯田クリニック副院長。
専門分野
内科、腎臓内科(血液透析)、循環器内科
バスキュラーアクセス・インターベンション(シャントPTA)
所属学会
日本内科学会(内科認定医)、日本循環器学会(循環器専門医)、
日本透析医学会(透析専門医)、日本腎臓学会
病院紹介

診療案内

診療時間
月・水・金曜日
9:00~12:00
14:00~17:00
火・木・土曜日
9:00~12:00
手術日/
火曜日 午後~
休診日/
日曜日・祝日
診療科目
  • 泌尿器科
  • 腎臓内科
  • 循環器内科

専門外来

ED/
男性更年期外来
金曜日午後、
土曜日午前中
※初めての方は要予約
尿路結石外来
木曜日午前中
腎臓内科外来
月曜日~土曜日

お電話でのお問い合わせ 0944-53-4871