診療を受けられる方へ

ED/男性更年期外来

豊富な経験と知識を活かし、いち早く男性更年期とEDの専門外来を開設しています。

男性更年期障害やED(勃起障害)は、いわば新しい概念であり、こうした症状に対する専門的な研究や治療が行われ始めたのは近年のことです。当クリニックでは2003年より男性更年期とEDの専門外来を開設しておりますが、飯田如院長は、国内でいち早く男性更年期に取り組んでいた北海道の札幌医科大学泌尿器科の関連施設において指導を受け、その実績と経験を活かしています。

症状

男性更年期障害の症状は人によって実に様々です。
代表的なものだけを挙げても、疲れやすい・不眠・気持ちが不安定・不安感といった心理的なもの、頭痛・発汗・動悸・のぼせ・めまい・便秘・寒気などの身体的なものなどがあります。

原因

女性の更年期障害と同様に、加齢による男性ホルモン量の低下が原因と考えられています。
男性らしい身体(筋肉)や性機能は、主に男性ホルモンの代表であるテストステロンによって左右されていますが、このテストステロンの分泌量は45歳頃から減少していくのが一般的です。

治療法

検査によりテストステロンの低下が明らかな場合は、テストステロン補充(注射や軟膏)が一般的です。
心理的なストレスや社会的な要因、生活習慣なども複合的に影響しているケースが多く、お一人おひとりのカウンセリングに重点を置いています。

担当医からのメッセージ

男性更年期やEDはやっと医学界でも研究や治療が進み始めた分野です。
加齢は誰にでも訪れますが、男性機能の低下などは、相談さえも躊躇される方が少なくありません。
加齢を肯定的に受けとめ乗り越えることは、豊かな人生には欠かせないことです。まずはご相談ください!

院長 飯田 如

ページトップへ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

  • TEL 0944-53-4871
  • 休診日 日曜・祝日、 火・木曜午後

電話をかける

メールでのお問い合わせ

当医院についてのご質問や、ご相談をメールにて お問い合わせ。

メールする